必須図書

このプログラムの必須図書は以下の6冊です。プログラム参加前にご準備いただきます。

ストットラー氏の著書
  • 『Hahnemann’s Homeopathy』
  • エワルト・ストットラー著
  • 2020年に出版されたストットラーメソッドの集大成。オルガノンと慢性病論をベースにストットラーメソッドの根拠が提示されている。


購入サイト
https://ewaldstoteler.com/shop/hahnemanns-homeopathy/

サミュエル・ハーネマンの著書
  • 『医術のオルガノン 第六版 [改訂版] 』
  • サミュエル・ハーネマン著 澤元亙翻訳
  • ホメオパシー出版
  • ハーネマン没後80年近くを経て出版されたオルガノンの最終版である「第六版」をドイツ語原本から直接日本語訳されたオルガノン。
  • 『慢性病論 第1巻 第二版』
  • サミュエル・ハーネマン著 澤元亙翻訳
  • ホメオパシー出版
  • 慢性病の本質(慢性マヤズム)とその治療法が解説されているハーネマン最晩年の著書の1つであり、オルガノンと並ぶホメオパスの必読書。難解なため慢性病論を読んでいるホメオパスはまだ少ない。
マテリア・メディカ
  • Boericke’s  Materia Medica with Repertory
  • ウィリアム・ボーリッケ著
  • 臨床象が得やすい。ストットラー氏お薦めのマテリア・メディカ。
  • 『ファタックのマテリア・メディカ』
  • S・R・ファタック著
  • ホメオパシー出版
  • マヤズムの洞察が優れている。ストットラー氏お薦めのマテリア・メディカ。
ハーネマン研究本
  • 『晩年のハーネマン』
  • リマ・ハンドリー著 澤元亙翻訳
  • ホメオパシー出版
  • ハーネマンの人生の最終段階におけるパリでの症例と処方の研究。
  • 『ホメオパシック・ラブストーリー』
  • リマ・ハンドリー著 小林晶子・澤元佳也翻訳
  • ホメオパシー出版
  • フランス人女性メラニーとの出会い、結婚、最晩年のパリ期の暮らしだけでなく、ハーネマンのポーテンシー研究や処方例など学術的価値も高い伝記。